北海道旅行記3

’07 7
3日目最終日、昨日周り切れなかった富良野や美瑛周辺を周り
旭川のお友達と合流しました、

“'95秘密”で純とシュウが待ち合わせた
喫茶店北時計の前で・・・、
Pからダッシュで行って
  ただ写真を撮っただけと言う失礼なやつらw
セブンスターの木
←ケンとメリーの木 隣に喫茶店が有り
“ケンメリ展示中”と…元ケンメリオーナー
としては見たかったのですが時間が…、
カルビーの工場やパッチワークの道(左右が花畑でとても綺麗…らしいが行った時が悪かったらしく…)
ケンメリの木やセブンスターの木など集中していて、ジャガイモ畑の中を観光バスがウロウロしてましたw

友達との待ち合わせ時間が迫り、ジャガイモ畑の中をよわkm/hでブッ飛んだのは内緒ですw
一通り周って旭川に向かう為に国道に出る道が、途中アスファルトが急に砂利道になり 又アスファルトに
暫くするとまた砂利道と、「子供のTVゲームみたい」と言ったら子供に大ウケ、
最後の砂利道部分が軽いカーブでしたが、ケツの軽いFFと言うのを忘れててそのままの速度で進入し
一気にテールブレイクして慣性ドリフトでフルカウンターを当てたのはレンタカー屋には内緒です、
嫁は助手席で硬直、子供には「ラリーのビデオみたい」と大ウケでした、
旭川に向かう途中 風雲急を告げ
ワイパーが追い付かない位の大雨に…、
科学館

森林公園でBBQをやる予定でしたが、雨の為科学館で遊びました、
色んな体験が出来て これはこれで良かったかしら?
ボールを転がして遊ぶのですが 
小さい子はこんな単純な方が良いみたい
シャボン玉の中に入りました
←角度が15度位傾いた不思議の部屋
単純な方がウケるみたいw  …日光江戸村にこんなの有ったな?
寒かったのでお勧めの味噌ラーメン専門店で昼食を取り
お友達の家に遊びに行きました、
途中旭川市内を都営バスが走ってました、→
払い下げの中古にしては型が古過ぎ
青島都知事時代のカラーリングです、
色くらい塗り替えてチョ!
突然シャボン玉遊びが始まり
天気が良くなったので隣の公園で
いきなり砂遊びです…、
夕飯に新鮮なホタテや牡蠣、トウモロコシやメロンを振舞って頂き
時間になってしまったので空港へ向かいました。
友達宅


空港までお見送り、遊び足りないのか

出発間際まで鬼ごっこをしてました、
そして機上の人に…、
窓の外に丁度旭川の文字が…、
考えて見たらW124clubの神戸オフ以来、これと言って何処にも出かけていませんでした、
久しぶりの旅行でしたが やはり気分のリフレッシュが出来て良いですねぇ、
3日間で感じた事は、広い北海道で暮らしている人と ゴミゴミした都心近郊で暮らしている私とでは
車の運転で軽いカルチャーショックが有ったと言う事w
車の癖も 国産車にありがちな運転し辛さで、ナビもまともに使えたのは最後の1日だけ、
しかし500km近く走って 返す直前に満タンにして¥3000チョットと言う燃費は
今時のガソリン代を考えると良いなぁ…、
兎にも角にも充実した3日間で、「また行きたいなぁ・・・」と思ったのはハワイ以来ですw


5分遅れの20時25分に出発した飛行機ですが、北風が強かったみたいで羽田には予定より5分早く
21時55分に到着しました、さすが対地速度800km/h 青森まで15時間以上かかって行く私って…、

駐車場のBEN子に戻ってビックリ!リモコンに反応しないのでおかしいなぁ?と見てみると
運転席のドアが半ドアで ドアロックがかかっていませんでした、
車が古すぎて車上狙いにも見放された? 嬉しいやら悲しいやら(T_T)

BEN子に乗って直ぐに感じたのはハンドルとアクセルが重いと言う事、
そして驚いたのがブレーキが効かない!! そう体が国産車に慣れていてそのつもりで踏んでいたのです、
国産車に慣れるのには3日かかりましたが、BEN子には駐車場を出るまでに慣れましたw
おまけ

下の2枚、北海道の景色に見えませんか?  
ちょっと交通量が多いけど真っ直ぐな道
一面のジャガイモ畑

殆ど人の居ないロビーで
 実は茨城の原研近くなんです
以前は全然感じませんでしたが 北海道の景色が脳裏に残っていたせいか そう見えましたw、
TOPへ戻る
inserted by FC2 system